企業の看護師

医療機器メーカー


看護師の職場として注目されている場所に医療機器メーカーなどの企業があります。
看護師が働く場というと病院のイメージが強いですが、医療に携わるという意味では、
病院でも企業でも、看護師のスキルを活かすことができます。

実際に求人がある例としては、新薬の開発に携わる「治験コーディネーター」や
「臨床開発モニター」、医療機器メーカーの社員となり、営業マンとともに各病院や
ときには学会などをまわり、自社製品の説明やデモンストレーション、病院に機器を導入する際の
アドバイスなどを担当する「クリニカルスペシャリスト」があります。

コミュニケーションが重要だという点では同じですが、企業への就職は病院勤務と違い、
患者との触れ合いよりもビジネスとしての側面がおおきくなります。
医療系の企業は海外進出している場合も多く、英語ができるとなお良いでしょう。

企業が求める看護師の人材は主に、病院勤務などで医療現場の経験を積んだ人です。
新卒者が就職先として、というよりは転職の際に視野にいれる場合が多いようです。